​3大コーヒーの一つ「コナコーヒー」

ハワイの大自然が育てる豊かな香味

ハワイ島は活火山の島です。 養分豊富で水はけのよい土壌と穏やかな気候、そして適度な降雨が最高のコーヒー豆を育みます。ところでハワイといえばオワフ島が一番有名なのですが、コナコーヒーはハワイ諸島の中でも一番大きいハワイ島の西側のコナ地域で栽培されています。

ハワイ島は島全体が活火山の島で、いまでも噴火の痕がいたる所で見られます。

肥沃で水はけのよい弱酸性の溶岩の土と適度な気温差、そして毎日降るスコールがコーヒーにとっては最高の環境です。この大自然がまさにコナコーヒーにとっての恵みとなります。 芳醇な甘い香りとフルーツのような酸味、そしてスッキリとした後味は、こうした最高の環境から育まれるのです。

世界三大コーヒーの一つ「ハワイコナ」

ハワイコナのコーヒー豆は世界的にも流通量が少ないと言われています。その希少価値から常に高値で取引される高級豆で、タンザニアの「キリマンジャロ」、ジャマイカの「ブルーマウンテン」と並び三大コーヒーと呼ばれることがあります。

ほどよい苦みとコク、柔らかな酸味と甘い香りが特徴のコナコーヒーは一度飲んだら、きっと”とりこ”になってしまうでしょう。