第13回 自分好みのコーヒー探し

コーヒーを購入する時、どんなふうに選んでいますか? 

たくさんある種類の中で、自分好みの味や香りを選ぶのは難しく、

ついついいつも同じものを買ってしまいがち。

そんな方は多いのではないでしょうか。


今回は少し、コーヒーを選ぶ時に参考になるポイントをご紹介します。

自分好みのコーヒーを探す冒険をしてみませんか?


ポイント① 種類

コナやコロンビア、ブラジルといった

単一の銘柄100%、もしくは複数の銘柄を配合したブレンド。

銘柄100%でストレートにそれぞれの豆の風味や個性を楽しむのも良し、数種の豆をブレンドした、時々の新たな風味を味わうも良し。


ポイント② 豆と粉

コーヒーの香りを長く楽しみたい方は是非、豆で。

都度手間がかかりますが、開封後約1か月はフレッシュな香りが楽しめます。

挽きたての豆の香りは最高!

予め挽いた粉は、開封後14日間ほどは美味しく飲める期間と言われています。

最初に開封する時は、めーいっぱい香りを楽しんで下さい。

●保存する時は豆も粉も冷凍保存をし、出来るだけフレッシュなうちに飲み切りましょう●


ポイント③ 焙煎度

焙煎とは、コーヒーの生豆を煎る作業の事。この焙煎度合によって味や風味が激変します。

(浅煎り)フルーティーで口当たりの軽い味わいに。

(中煎り)酸味と苦みのバランスがとれていて、日本人には馴染み深い味わいです。

(深煎り)コクのあるビターな味わいになります。食後の口直しにお勧めです。


【上級編】

コーヒー豆は同じ品種でも、産地によって風味が異なります。

様々な産地のコーヒーの飲み比べもオススメ。

たまに見つける稀少な産地のコーヒーも試してみては?


コーヒーは奥が深い飲み物です。まだまだたくさんありますが、まずは最初の一歩!

少しチェックするだけでも、選択幅が広く深くなっていきますよ。