熟練の技が光る焙煎技術

私たちが飲むレギュラーコーヒーは、まずコーヒー豆を焼き、それを砕き、そこにお湯や水を通して抽出させて飲んでいます。

そこで重要なのが豆の焼き加減。


焙煎度合をどのように調整するかで味も当然変わってきます。


最近はコンピュータ制御でボタン一つで焼いてくれる機械も登場していますが、焙煎といっても様々な方法がありますし、「直火焙煎」「熱風焙煎」それぞれに風味特色があるのです。


熟練の焙煎士になるとその日の天候や豆の状態などを見極めて、最適な焙煎度合で焼き上げます。


それは長年の経験と技術に裏打ちされる、研ぎすまされた感性によるもの。焙煎士に話を伺うと、何だか「ピタッとはまる」感覚があるのだそうです。