第7回 遠い記憶と癒し

コーヒーをドリップした時にふわりと香るなんともいえない匂い、コーヒ-ショップに立ち寄った時の落ち着く匂い・・それらを嗅ぐ

ととても心地よく落ち着いた気持ちになるのは何故でしょう。


香りには、心を揺さぶる力がある・・・この事に着目し、およそ10年にわたって「香りを嗅ぐことによって、人間の情緒にどのように影響を与えるか」という研究をなされた結果が発表されています。


その治験にコーヒーも使われましたが、コーヒーの香りを嗅ぐことにより、人間がリラックスしている時の脳波・α波が多く出現していることが確認されました。


嗅覚に関する情報は、喜怒哀楽や快・不快を支配する「大脳辺縁系」にダイレクトに届くそうです。


このようなルートをたどるのは、五感のなかでも嗅覚だけなので、香りは感情との結びつきがことさら強いそうです。


香りと記憶・・・おばあちゃん家の匂い、雪や雨の匂い、春の田んぼの匂い、夏の海の匂い・・皆様にも色々な匂いと懐かしい記憶が結びついていることも多いのではないでしょうか。


コーヒーを飲んでリラックスしながら、遠い記憶を紐解くのも良いかもしれませんね。