ブレンドコーヒーの、味の決め手は焙煎技術

選び抜かれた生豆は、より深い香りとコクを引き出すため、熟練した技術と経験が問われる‟直火ロースター“で焙煎されます。


また、ハワイアンコーヒーのブレンド焙煎の特徴として、‟ビフォーブレンド”でローストします。


通常は、豆による焙煎の進行度合いの違いからアフターブレンド(それぞれの豆をローストしてからブレンドする方法)が定石ですが、弊社が委託する焙煎士にかかると、焼きムラもなく、かえってお互いの個性がま〜るく調和された見事なハーモニーを奏でます。


もちろん大手メーカーでは行わない焙煎前後のハンドピッキングも欠かしません。


また、ブレンドもお客様の好みに合わせて自由に調整できます。経験豊かなブレンダーが世界で一つのブレンドコーヒーをお作りいたします。