第8回 フィーカ ( FIKA )

最近・・フィーカ(FIKA)という言葉を耳にするようになりました。

日本では北欧ブームも浸透し、北欧インテリアや北欧食器など私達の生活の一部となってきましたが、ここにきて新たな単語が・・。


このフィーカ(FIKA)という言葉。

実はスウェーデン語で、「コーヒーブレイク(コーヒー休憩)」を意味しています。

語源は音節が逆になる倒語で、スウェーデン語のコーヒーkaffがfikaと呼ばれるようになったと言われています。

意外かもしれませんが・・実は、スウェーデンはコーヒーの消費が世界でもトップ!


同僚や友人・恋人や家族と甘いお菓子を食べながらコーヒーブレイクを楽しむこのフィーカという時間が、殊の外大切な生活習慣として根付いていて、家

庭だけでなく学校や職場にも「フィーカ時間」が設けられているそうです。


仕事の合間や勉強の合間にコーヒーを飲みながら近しい人とリラックスする時間は、オンとオフのメリハリがつき、生産性や仕事の満足度を高める効果があると言われています。

またスマホやSNSが発達し、人と人の繋がりが希薄になりがちな今の時代、親密性を高める時間にもなっているそうです。


実は日本でも江戸時代から同じような習慣があります。

そう!おやつの時間。

みなさんもリフレッシュと空腹解消を兼ねて、ちょっとした会話を楽しみながらおやつ時間を楽しみませんか?