➂ハワイのコーヒー歴史

アメリカでコーヒーが作られているのは、ハワイだけです。

1890年前後にハワイのコナ地区でコーヒーの栽培が始まりました。


コーヒー産業を支えていたのは、初期はハワイアン労働者、次いで中国系、ポルトガル系の移民たちでした。


1900年初期に世界的にコーヒーが大暴落し、プランテーション形式のコーヒー農園は崩壊します。


その後、コーヒー栽培農場を小作人に貸すという農場主が現れ、そこに日経移民が参加するようになります。

それ以降コーヒー栽培を担っていたのは、ほぼ日系移民でした。


日系移民は身を粉にして働き、貧しい生活の中で良質なコーヒーを作り続けてきました。

その証拠に今もハワイのコーヒー農園では、作業場をクリバ、豆の乾燥棚をホシダナと呼ぶなど、日本語の名称が使われています。


コーヒー栽培は機械化が難しく、コーヒー豆はひと粒ひと粒手で収穫しなければなりませんでした。


特に1929年以降、とても厳しい生活が続きましたが、日系移民は創意工夫しながら、コナコーヒーの未来を信じて懸命に働きました。どういう日系移民の勤勉さと努力が実り、コナコーヒーを世界のコーヒーを代表するプレミアムコーヒ


ーへと成長させたのです。


ブルーマウンテン、キリマンジャロと並んで世界三大コーヒーと称されるハワイコナ、ハワイのコナ地区で生産されていることから、コナという名前がつきました。世界のコーヒー流通量の1%以下の希少銘柄です。


等級としては、エクストラファンシー、ファンシー、NO.1,セレクト、プライムに区別されます。


等級の分け方は粒の大きさと欠点豆の含有量で、ハワイ州で明確な基準が決められており、それに合わない豆はコナコーヒーを名乗ることができません。


コナコーヒーは標高600m前後の土地で栽培されており、味の特徴はクリーンな酸味とフルーティな香りです。