⑦インドネシアマンデリン

インドネシアのコーヒー栽培は1700年頃から始まりました。東インド会社によってジャワ島にコーヒーが持ち込まれ、インドネシアの気候風土がコーヒー栽培に合っていたため、一大コーヒー産地へと成長していきました。

マンデリンはインドのスマトラ島の限られた地域で栽培されており、インドネシアのコーヒーの中でも数%しか栽培されていない希少なコーヒーで、アラビカ種のコーヒー豆の銘柄です。スマトラ島のマンデリン族が栽培を進めたことからマンデリンと名付けられました。


インドネシアマンデリンの特徴

特徴としては、酸味が少なく苦味成分が強いこと。そのため、コクのある味と表現されることが多く、濃厚な味のケーキなどにおすすめのコーヒー豆です。また、酸味が少なく苦味が強いことから、日本ではカフェオレなどに使われることが多いです。